藍の青汁

藍の青汁大麦若葉入り青汁口コミ効果はここから

毎日でない、冷えが気になる、スッキリしない、こんな悩みを抱えていませんか。もしかしたら野菜不足が原因かもしれません。

 

1日の野菜の摂取目標量は350g以上です。しかし、どの年代でも目標量に達しておらず、40代では100gも不足しています。和食は漬物や味噌汁など野菜がたっぷりのメニューですが、食事の欧米化で野菜を食べる機会が減っています。

 

また、野菜の質の低下の問題もあります。1950年代に発表された『日本食品標準成分表』によると、ほうれん草100gのビタミンCは150mgですが、1982年の四訂版では65mgにまで減少しています。

 

これらの結果、スッキリしなかったり冷えが気になるなどの不調につながるのです。

 

野菜をしっかり食べなくちゃと思っても、仕事が忙しくて外食やインスタント食品に頼ってしまったり、食事バランスを考えて作るのは大変ですよね。そんなときにサポートしてくれるのが「藍の青汁」です。

 

藍の青汁には藍がたっぷりです。藍とは、ちぎったところから根を出す生命力が強い植物です。民間療法でも使用されていて、抗菌・抗ウイルス作用にも優れています。

 

藍は栄養価がすごいのです。鉄分はケールのおよそ3倍、亜鉛はケールのおよそ6倍にもなります。食物繊維もどっさりで、ケールの2倍もの食物繊維を含有しています。イキイキをサポートするポリフェノールも豊富です。

 

さらに、大麦若葉、オリゴ糖、クマザサも絶妙なバランスで配合しています。大麦若葉も栄養価が高い植物です。オリゴ糖は腸内細菌のエサになり、お通じ改善をサポートします。クマザサは健康維持のために古くから利用されてきた植物です。

 

青汁は苦くてまずいイメージがありますが、90%がおいしいと回答をしています。子供でもおいしく飲んでいます。

 

健康診断の数値が気にならない、毎日お通じがあってスッキリ、朝の目覚めがよい、などの効果を実感している方がいます。飲みやすい味で、アイスでもホットでもおいしいので、幅広い年代の方が飲んでいます。

 


 

サンスター粉末青汁はこちら